カメラやレンズの処分

カメラの世界は、とても奥が深いもので、のめり込めばのめりこむほどパーツも増えていくものです。増えていくカメラやレンズの処分にお困りの際には、単にごみとして捨てるのではなく、売れるかどうかの確認をしても遅くはありません。

カメラやレンズを破棄する場合、自治体によっては処分するための費用として、リサイクル費用が必要な場合もあります。また自分が不要であっても、第3者が必要とする場合もあり、カメラ処分の選択肢として、需要によっては高額で買い取りしてもらえる場合もあるのです。カメラやレンズを買い取りしてもらう方法は三つあり、一つはカメラ買取を専門にしているショップに持ち込むという方法です。

段ボール二つ目として、買い取り店舗によっては、宅配便を利用しての買い取りを行っているショップもあります。三つ目の方法として、買い取り店舗のサービスの一つとして、出張買い取りを行ってくれるショップもあり、日時を指定し自分の都合の良い時間帯に、買い取りが行えるという方法もあります。

特に古いものは、ビンテージものとも呼ばれており、人気の度合いによっては破格の高値がつく場合もありますので、単に古いからといって簡単に捨ててしまわないよう、注意しておく必要があるでしょう。