カメラの処分方法

人類は19世紀始まった産業革命以来、驚異的な発展を遂げ、様々な文化や科学あるいは医学を発達させてきました。このような、人類の発展に欠かせなかったものは電気の存在で、電気の発見からその製法、そして蓄電技術の確立から多くの電化製品が生み出されることになりました。いまや生活の上でも、電気は欠かすことができないものとなり、電気がなければ生活するうえで大きな支障となるほどです。

我々の生活を向上させるうえで、電化製品は必需品となりましたが、これまでに様々な電化製品が開発され、便利に使いこなしてきましたが、こうしたモノづくりにはものを作るための原材料が必要となってきます。しかし、地球上の資源には限りがあり、枯渇することがはっきり理解されてきたのです。こうした、世界規模の資源枯渇の問題から、ものが大量に生産され使い捨てられる時代は終焉を迎え、我々は資源の再利用により、再利用できる資源をリサイクルすることで、資源の枯渇から人類を救おうという考え方に変わりました。

カメラ現在日本国内では、電化製品に限らず、すべての再利用可能な資源はリサイクルされています。以前まで、カメラは小さな家電は生ごみと一緒に捨てられていましたが、2013年にこれまでにあった家電リサイクル法がさらに強化され、小型家電リサイクル法としてスタートしました。この法律により、デジカメやスマートホンなどの小型家電は、適切な処理方法で廃棄することが義務付けられたのです。