カメラとリサイクル法

まず初めに、平成25年4月から施行され始めた小型家電リサイクル法ですが、自治体によってその対処法は異なっており、お住まいの自治体の回収方法を確認しておく必要があります。なぜならば、従来のカメラ普通のごみとして扱い、デジタルカメラだけを回収する自治体もあるからです。したがって、カメラもごみとして廃棄する場合、住んでいる自治体のルールに沿って処分しなければなりません

ゴミまず電池の場合、ボタン電池には銀や亜鉛などが含まれているため、回収の対象になっており、自治体や家電ショップなどで回収を行っています。このボタン電池によく似たコイン型電池ですが、これはリチウム電池と呼ばれるもので、通常のごみと一緒に破棄してもかまいません。そもそもリサイクルの概念は、組み立てられた製品をそれぞれのパーツに分類し、再利用していこうという考えのものです。

しかし、効率が非常に悪くコストもかかってしまうため、現在はそのまま再利用してしまうという考えのもと、リユースが推奨されるようになってきました。カメラの取扱専門店などでは、昔からカメラやレンズの処分に困っている人のために下取りを行っており、大事に使われてきたカメラやレンズなどを需要に応じ、中古として再販売しています。