カメラ処分の選択肢

カメラカメラやレンズを売る場合、高く買い取ってもらう手段の一つに、査定というものがあります。査定とは、カメラやレンズの状態、古いものか新しいものか、どういったタイプの商品であるかを見極め、買い取り価格の選定を行うものです。基本的に査定が高いとされるものは、新品に非常に近いもの、あるいは古くても限定品や名機と呼ばれるものは、非常に高い査定額がつけられることがあります。

特にビンテージものは、海外などでも専門のマニアが多いことで知られ、壊れて動かなくなったとしても値段がつく場合が多いのです。しかし、どのようなタイプのカメラでも買い取ってもらえるわけではなく、量産型のカメラや人気のないデジタルカメラなど、買い取りが行われない場合もあることを理解しておきましょう。

このような場合、やむなく破棄することになりますが、ごみとして処分する前にいくつかの注意点があります。まず、昨今カメラの世界で主流となっているデジタルカメラですが、内蔵メモリーの消去あるいはメモリーカードが入っていないかの確認を行っておきましょう。また、保証書などに名前や住所が残されていることもありますので、こうした保証書は処分しておく必要があります。